JUST概要

理事長紹介

斎藤學(さいとう・さとる)

1941年東京都生まれ。1967年慶應義塾大学医学部卒。同大助手、フランス政府給費留学生、国立療養所久里浜病院精神科医長、東京都精神医学総合研究所副参事研究員(社会病理研究部門主任)などを経て、1995年9月より、家族機能研究所代表。

医学博士。医療法人社団學風会さいとうクリニック理事長。日本嗜癖行動学会理事長。同学会誌「アディクションと家族」編集主幹。日本子どもの虐待防止学会名誉会員。

「現代の病」ともいえる過食・拒食症、アルコール・薬物・ギャンブルなどへの嗜癖(依存症)問題に長年取り組む。AKK(アディクションを考える会)、NABA(日本アノレキシア・ブリミア協会)、JUST(日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン)など多くの自助グループ・団体の誕生を支援。現在も、臨床の合間をぬって、全国各地で講演活動やワークショップを行う。

著書に、『児童虐待』(金剛出版)、『家族依存症』(新潮文庫)、『「自分のために生きていける」ということ』(大和書房)、『「家族」という名の孤独』(講談社)『封印された叫び』(講談社)、『家族の闇をさぐる』(小学館)、『ヘンでいい。』(大月書店、共著)他多数。また翻訳書等多数。
※著書はこちら(→「書籍紹介」)から購入いただけます。

役員紹介

!––!
理事長 斎藤學 (上記参照のこと)
理事 (五十音順) 石川達 (ワナ・クリニック院長・精神科医)
一場順子 (くれたけ法律事務所・弁護士)
川村百合 (ゆり綜合法律事務所・弁護士)
木下淳博 (木下・大石法律事務所・弁護士)
熊谷雅之 (雁の巣病院院長・精神科医)
斉藤誠 (弁護士法人斉藤法律事務所・弁護士)
西山仁 (西山クリニック院長・精神科医)
平川和子 (東京フェミニストセラピィセンター所長・臨床心理士)
監事 手塚 一朗 (医療法人社団學風会さいとうクリニック・臨床心理士)