JUST面会交流支援


ガイドライン

私たちは、米国Supervised Visitation Network (SVN)のメンバーです。日本の文化や制度に合わせて一部カスタマイズをする以外は、SVNの提唱する理念や手法を基盤としてサービスを提供します。SVNは米国で1992年に設立され、2018年末時点で800以上の支援者が加盟する、世界最大規模の面会交流支援者ネットワークです。




サービス合意書

子どもが家族との楽しい時間を過ごせるよう、すべての親や親族、スタッフが全力を尽くすことへの合意書

1. 安全性
a) 子どもの受け渡し場所として当団体の建物を利用する場合、利用者は一人のみが入館することができます。
b) 面会交流の参加者は、面会交流の前に、違法薬物やアルコールを摂取しません。
c) 当団体のスタッフは、必要に応じて、ご両親および面会交流の参加者の荷物をチェックすることができます。
d) いかなる身体的な攻撃、言葉による攻撃、脅迫行為も行いません。人を傷つける目的と考えられる器具を持ち込みません。
e) 面会交流中、両親は定められたエリアに滞在します。スタッフから通知されるまで、そのエリアに留まります。
f) 面会交流の実施場所や受け渡し場所には、定められた時間に到着,出発します。別居親と同居親の到着時刻と出発時刻は、少なくとも30分以上ずらして調整されます。
g) 子どもを車両で移動させる際、適切な器具(チャイルドシート、シートベルト)を使用します。
h) 受け渡しの場合、事前に同意がある場合を除き、別居親は指定された場所以外に子どもを移動させません。医療上の緊急事態が発生した場合、主担当スタッフの同伴があれば、子どもを圏外に移動させることができます。

2. 医療行為
面会交流中、子どもに投薬する必要がある場合、同居親の書面による同意が必要となります。その場合、面会交流に先立ち、主担当スタッフとの間で取り決めを行います。当団体のスタッフは、いかなる投薬の判断にも責任を負いません。

3. スケジュール
a) 面会交流の頻度及び期間は、利用者双方の予定と、当団体の人的リソースを考慮して決定されます。
b) 面会交流の日程は、実施日より7日前の17時までに、主担当スタッフの承認のもとで確定されます。
c) 双方の利用者は、事前に決められた時間に正確に到着/出発します。遅延が繰り返されると、サービスが中断する場合があることを了承します。

4. キャンセル
a) 面会交流をキャンセルする場合、主担当スタッフに通知します。これを怠ると、キャンセル料が発生する場合があることを了承します。
b) 面会交流をキャンセルした当事者は、翌営業日までに主担当スタッフに電話し、代替日を提示しなければなりません。
c) 代替開催の確定には、双方の利用者および当団体の合意が必要となります。

5. 同居親による受け渡し
a) 裁判所から特段の指定がない場合、同居親は子どもを引き渡し、迎え入れる責任を負います。同居親はインテークの際、子どもの受け渡しを代行できる1名の緊急連絡先を提示しなければなりません。
b) 同居親が時間内に迎えに現れない場合、当団体は緊急連絡先に連絡します。緊急連絡先にも連絡がつかない場合、警察署に連絡します。

6. 面会交流中の同居親の所在
同居親は、面会交流中の所在を、当団体のスタッフに通知します。同居親は、連絡のつく電話番号をスタッフに提供することができます。

7. 面会交流の参加者
両親が同意し、主担当スタッフが事前に承認した以外の人は、面会交流に参加できません。別居親は、ご自身以外の参加者がいる場合、事前に主担当スタッフに連絡しなければなりません。

8. 別居親及びその他の参加者のガイドライン
別居親及びその他の参加者は、以下に同意するものとします。
a) 子供が穏やかで楽しい面会交流を経験できるよう、現在に焦点を当てるよう努めます。子どもとの話し合いにおいて、過去の出来事や将来の計画に言及することを避けます。(過去の出来事が、ストレス/トラウマを引き起こす可能性があります。また、子どもに将来の不安定な展望を持たせないよう配慮します。)
b) 子どもとの身体的接触について、招き入れることはあっても、要求したり強制したりすることはありません。
c) 子どもと二人きりになったり、ささやき声で会話したりしません。d) 同居親やその親族、その友人の悪口を言いません。
e) 同居親の家族、友人、収入、活動について、子どもから聞き出そうとしません。
f) 子どもがどの学校に通っているか、どこに住んでいるか、その他の身元を確認するための情報を、子どもに求めようとしません。
g) 面会交流の最後に、おもちゃ、食べ物、飲み物を片付けます。

9. 両親間の情報伝達
a) 子どもに関する情報交換のため、相互のコミュニケーション・ブックを利用することが奨励されます。
b) 面会交流時、子どもの差しあたりのケアに関する情報のみ記されたノートを、スタッフが中継します。スタッフがノートを閲覧したり、コピーしたりする場合があります。

10. サービス料金
a) サービス料金は、各利用者がインテークを実施する際に合意することとします。
b) サービス料金は、面会交流に先立って支払うよう求められます。当団体からは、領収書を発行します。主担当スタッフとの別途協議が行われない限り、合意された料金を遵守します。

11. サービスの中止
a) サービス合意書への違反があった場合、子どもの最善の利益に反すると主担当スタッフが感じた場合、スタッフの尊厳が傷つけられるような行いがあった場合、当団体は面会交流をキャンセル,中止する場合がございます。また、当該利用者からのコンタクトを拒否する場合がございます。

12. その他、追加事項
a) いずれかの利用者またはその弁護士から書面による要請があった場合、面会交流における事実の観察記録にもとづき、当団体は概要報告書または観察記録の写しを提供します。このサービスには、追加料金がかかります。
b) 当団体は、顧客情報を機密として扱います。法律で要求される場合や裁判所の指示がある場合を除き、書面によるインフォームド・コンセントなしに公開することはありません。例外的には、児童虐待の疑い又は保護を必要とする場合、児童相談所や警察署に報告する可能性がございます。
c) 当団体のスタッフ以外に、見習いの学生や研修生が現場に入る可能性がございます。
d) 同居親は、面会交流中、子供の世話に必要な衣類、瓶、粉ミルクなどを提供するよう求められます。子どもの好きなぬいぐるみ、ブランケットやゲームを子どもと一緒に送りだすことは、子どもが面会交流中に情緒的な安らぎを得ることに役立ちます。
e) 合意書や裁判所命令に別段の定めがない限り、当団体の規則に従って、静止画の撮影は認められます。スマートフォン,ビデオカメラ,ICレコーダーなどによる録画,録音は認められません。

13. 苦情申し立て
a) 監視付き面会交流サービスに関する問題や懸念がある場合、主担当スタッフとの話し合いをお願いします。それでも解決されない場合、当団体の顧客苦情手続きに従って、苦情を提出することができます。
b) 当団体の責任は、すべての利用者に安全な面会交流を確保することです。私たちは、子どもやご家族の幸福を考え、きめ細かく思慮深いサービスの提供に努めます。サービスに関するご質問やご心配がございましたら、いつでもお聞きください。主担当スタッフまたは弊社代表までお問い合わせください。

14. オンライン面会交流のガイドライン
a) オンライン面会交流支援を利用する場合、同居親は、あらかじめ設定した時間にサインオンしスタッフと対面します。その後、別居親と子どものプライバシーを尊重するため、部屋を出ます。
b) 別居親は、同居親がカメラビューから外れる時間を確保するため、同居親がサインオンしてから5分後にサインオンします。
c) 同居親は、面会交流に立ち会ったり、会話を聞いたりしてはなりません。同居親が部屋を出ない場合、スタッフが観察レポートに記録します。
d) 例外的に、子供が4歳未満で双方の親が同意する場合、子どもが別居親と対話するのを助けるため、同居親は部屋にとどまることができます。
e) いずれかの利用者がスタッフの指示に従わない場合、スタッフはその利用者をミュートにすることができます。さらに違反を重ねた場合、スタッフはその面会交流を中断することもできます。
f) 本合意書の本項以外の条文は、すべてオンライン面会交流にも適用されます。


私はサービス契約書を読み、これらの方針に従うことに同意します。従わない場合、提供中のサービスが即座に中止されることを了承します。

利用者署名 日付


スタッフ署名 日付



※サービス合意書の内容は、予告なく変更する場合がございます。
改訂履歴
版数 改訂日 改訂内容
1.0 2020/3/21 初版
2.0 2020/5/4 「14項 オンライン面会交流」を追加


TOPページに戻る

Copyright © 2020 JUST面会交流支援, All Rights Reserved